垂水区の塩屋漁港釣り場 釣りポイント

塩屋谷川の河口

塩屋谷川の河口

大波止南東の角

大波止南東の角

大波止南向き(明石海峡大橋を望む)

大波止南向き(明石海峡大橋を望む)

大波止南向き(塩屋海岸を望む)

大波止南向き(塩屋海岸を望む)

大波止より港内を望む

大波止より港内を望む

大波止より港内を望む

大波止より港内を望む

岸より大波止の赤灯を望む

岸より大波止の赤灯望む

塩屋漁港より明石海峡大橋を望む

塩屋漁港より明石海峡大橋を望む

備考

塩屋漁港は、神戸市垂水区にある人気のある釣り場です。こちらの釣り場は、夏の終りから秋にかけての青物が釣れる時期は、大波止の端から端までルアーマンが並びます。また、シーズン事に狙える魚も多く、多くの釣り人が足を運びます。

釣り方別では、投げ釣りでキスやカレイ、フカセ釣りでチヌやグレ、探り釣りでガシラ、メバル、カワハギなど、またエギングやメバリング等の、様々な釣りを楽しむ事が出来ます。そして港内では、ファミリーで楽しめるサビキ釣りなども出来ます。

2015年6月27日に、こちらの塩屋漁港で、まぁまぁええサイズのブリが、ショアジギングで釣れています。本当になかなかええサイズのブリでした。画像は、こちらをご覧下さい。2016年7月26日のブリは、こちらの画像をご覧下さい。

こちらの塩屋漁港ですが、私のホームグラウンドです。最近、釣行していませんが、過去に釣った魚の事を書いてみます。私は、主に投げ釣りと前打ちをします。以前は、フカセでグレや探り釣りで根魚なども狙った事もありました。

まず、投げ釣りですが、春と秋にカレイ狙いで竿を出しました。釣り座は、このページの一番上の画像の場所です。この場所から、東(塩屋海岸の方面)に向かって投げます。テトラに近い場所ですと、根がかりしますが、少し投げると心配はありません。

潮の流れですが、上げ潮の時に若干右に流れる程度で、問題なく投げ釣りを楽しむ事が出来ます。釣り座を、南へ行けば行くほど潮の流れの影響をうけます。こちらの釣り場ですが、テトラの下に釣り人さんがいるので、注意が必要です。

カレイ釣りでの釣果ですが、良くて2枚か3枚でボーズの方が多いです。型ですが、手のひらサイズが中心で、良くて28センチまでです。私の最高は、32センチでした。エサは、マムシで釣行時間は6時間前後です。

続いて前打ちですが、釣り座はカレイ釣りと同じ場所で、テトラを降りて行きます。時期は、ゴールデンウィーク頃から夏までです。シーズン当初は、一応前打ちでチヌ狙いなんですが、外道のカンダイが釣れた方が面白です。

私の釣り方ですが、テトラの穴釣りに近いです。エサが底について何秒か待って、誘いをかけて釣る方法ですね。今まで、エサが落ちていく途中に喰わした事は、2回しかありません。

釣果ですが、私の技量ではボーズの方が多かったです。良い思いをしたのは、海がコーヒー色の時に、ただのエサ(イ貝)で4時間ぐらいの釣行で45センチを頭に4枚釣った時ですね。ちなみに、エサはカニとイ貝を使い分けします。

その他は、グレ、アイナメ、ウマズラが32センチ。ガシラ、メバル、ハゲ、青ベラが23センチ。こんな、感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする